<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
胃カメラ
今日、昼休みに消化器外科をしている同級生に、胃カメラをしてもらいました。

アメリカで研究生活をしている時、おそらくストレスからくる潰瘍を煩って、検査も受けないまま、勝手にPPIと抗生剤でピロリの除菌したのですが、どうやら再発したようです。最近連日上腹部に堪え難い痛みが起こるようになり、MRさんからもらった薬を飲んでしのいでいたのですが、ちょっと不安になってきたので、カメラ飲むことに。

彼はとても上手だったので、思っていた程苦しくはなかったのですが、検査の最中動くこともしゃべる事もできず、医療行為の中でいかに患者が無力で弱い立場なのか、少しわかった気がしました。うれしかったのは、看護婦さんが検査中背中をさすってくれた事。それだけで、かなり楽になる気がしました。

こんな事はあたり前の事なんだけど、実際自分が患者サイドとして体験しないと、実感としてわかりません。少し勉強になりました。胃カメラも受けてみるものです。

結果は、ヘルニアが少しあるだけで、潰瘍も何も無し。ピロリ菌も陰性でした。
[PR]
by ctsurgeon | 2008-05-20 18:54
ご無沙汰してます
久しぶりに自分のブログを見てみたら、まだ結構アクセスがあって、びっくりしました。
ありがとうございます。

帰国してはや9ヶ月が過ぎました。
当初は戸惑う事もありましたが、今ではすっかり馴染んでおります。

仕事の方は、まあ恵まれた環境でさせてもらっています。
個人としてかかわる手術の数は減りましたが、好きなようにさせてもらってるし、ソフトの面でもハードの面でも、アメリカで学んだ事が生かせる施設なので、やりがいはそれなりにあります。

現在のとりあえずの目標は、病院としての手術症例数を増やす事、効率的なレジデントのトレーニングシステムを確立すること、あと個人的にはアカデミックな面で何か発信できるようにすること。。くらいです。

ただ給料が安い事だけが、予想していたものの、結構こたえます。
病院だけの給料ではやっていけないので、仕方なくバイトに行くのですが、8年たっても、渡米前と同じ病院の外科外来バイトにいって、心臓外科とは全く関係のない巻き爪や痔の患者さんを診察していると、「何やってんのかな?」と空しく思う事もありますが、生活の為には仕方ありません。

やっぱり、だんだんぼやき節になってきました。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by ctsurgeon | 2008-05-05 00:00