2007年 08月 03日 ( 1 )
帰国第一例
ご無沙汰しております。

日本での第一例を無事終えました。

シンプルな症例だったのですが、3週間以上手術していなかっとこと、手術室のシステムや機械が全く違う事などがあって、とても緊張しました。
機械が違うといっても、機能的には大して差がないのかもしれませんが、使い慣れた機械を使う事がメンタルな面でどれだけ安心感を与えるか再認識しました。
恥ずかしながら、手術が始まってしばらくしたら、汗で拡大鏡は曇るし喉はカラカラになるし、、こんなの初めてです。
「弘法は筆を選ばず」。。には遠く及びません。。

とりあえず手術は無事にうまくいって一安心です。
[PR]
by ctsurgeon | 2007-08-03 20:10