2007年 06月 06日 ( 1 )
ショッキングなニュース
ー 移植臓器を運搬中の小型機、米ミシガン湖に墜落 ー   

 ウィスコンシン州ミルウォーキー(AP) 移植のための臓器を運んでいた小型ジェット航空機が4日夕、米五大湖のひとつミシガン湖に墜落した。ダイバーを含む救助隊が捜索を続けているが、移植チームと乗員の計6人は発見されていない。臓器を待っていた重体患者の関係者には、移植手術の中止が伝えられた。

今朝このニュースが飛びこんできました。
日本ではあまり報道されてないかもしれませんが、僕たちにはかなりショッキングなニュースです。
墜落した飛行機に乗っていた心臓移植チームの一人は去年うちの施設のレジデントのインタビューに来た人でした。

うちの施設では心臓と肺だけで年間150例以上の脳死移植手術をしています。肝臓、腎臓などを入れるともっと多くなります。幸い胸部外科チームのドナー臓器採取は一般外科レジデントとPAが行ってくれるので、僕たちは行かなくて済んでいます。彼らは当番制で行ってくれるのですが、週に2−3回行く時もあり、その半数以上がチャータージェット使用です。僕も機会があればドナーの臓器採取も経験してみようかなと思っていたのですが、飛行機がきらいなので結局行かずじまいでした。

一応飛行機で臓器を運搬する時は、飛行機が無事着陸したという確認の連絡を受けてからレシピエント患者の心臓を摘出することにしています。今回もレシピエントの心臓は摘出されていなかったようで、それが不幸中の幸いです。

それにしても、心配していた事が本当におこってしまいました。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by ctsurgeon | 2007-06-06 08:03