2007年 04月 25日 ( 1 )
NY
日曜日に無事NYに帰ってきました。
人が足りないおかげで、月曜日はいきなり3件の手術。

1)Reop. MV repair + TV repair (s/p CABG, right thoracotomy, beating heart)
2) Reop. CABG x 4 (BIMAs)
3) BIVAD exchange

朝からずっと手術室にこもって夜中に終了。そのまま当直に突入です。
4時くらいにやっと寝ようとしたら、それまで死ぬ程眠かったのに、時差ボケのせいか目が冴えて来ました。めちゃくちゃ疲れているのに、腹が立って余計に眠れません。
幸い今日は手術が少なかったので、手術免除してもらい、当直室で昼寝してました。

最近当直明けは、全く役立たずです。
年のせいでしょうか。

そういえばアメリカでは80時間ルールというのがあって、レジデントは週80時間以上働いてはいけない事になっています。また当直明けは午前中で帰宅しなければなりません。
たまに外部から監査が入って、そのルールが守られているかチェックされます。レジデントが一人一人呼ばれて本当に休みが取れているか面接されます。彼らには大きな権限があって、ルールが守られていないと判断されれば、レジデントプログラムが停止される事もあります。
[PR]
by ctsurgeon | 2007-04-25 05:54