2006年 12月 31日 ( 1 )
仕事納め
一応昨日(29日)で仕事納めです。

朝からチーフフェローのM君とまたまた心臓移植。彼も随分慣れてきて順調に手術は終了しました。普通は左房、下大静脈、上大静脈、肺動脈、大動脈の順に縫ってから血流再開するのですが、今回は虚血時間が4時間くらいになりそうだったので、左房と下大静脈を縫ってから大動脈を吻合。そこで血流再開して心臓を拍動させたまま上大静脈と肺動脈を吻合しました。縫いにくくなるので最初はあまり気が進まなかったのですが、やってみたら大したことありませんでした。新しい事に対して消極的になるのは、悪い癖です。

昼からは87才女性の大動脈弁置換術。患者さんのたっての希望でMICS(小切開手術)です。
右冠動脈に狭窄があるのですが、それをバイパスしに行くと傷が大きくなるので、患者さんの同意が取れなかったそうです?? 最初は手術も拒否していたそう。
かなりの肥満体型。7cmの傷では大動脈弁に指がなかなか届きません。
普通の切開なら難なく終わるはずの手術ですが、散々苦労しました。
心臓手術にそんな厳しいリクエストをする87才の患者さんは日本にはあまりいないでしょうね。

チーフフェローを終了して休暇明けのA君が浮かない顔をしています。
全米の有名病院20施設以上にアテンディングポジションのアプリケーションを出して、半分くらい返事が帰ってきたそうですが、全て断られたとの事。
臨床面でもリサーチ面でも彼以上のキャリアを探すのは困難なくらいの経歴の持ち主ですが、そんな彼でもアカデミックポジションを獲得するのは、そう簡単ではないようです。
スタッフポジションの獲得はいくら本人に実力があっても、コネクションとタイミングが全てという所があり、「unfairや」とつぶやいていました。
まあまだ半年あるし、彼の事だからそのうち良い話が来るでしょう。

来年は2日から仕事です。
クリスマスにオンコールを取った替わりに、年末年始はフリーにしてもらっているので、家でゆっくりしたいと思います。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-12-31 08:25