2006年 12月 02日 ( 1 )
いそがしい。。。
今日からサブチーフのM君がいません。
聞けば陸軍の予備役に登録していて、招集のためのcheck upか何かで2週間ほどどこかに缶詰になるらしいです。その間家族とも連絡がとれないとのこと。近い将来イラクかアフガニスタンに行かなければならなくなる可能性があるらしいです。まあ行くとしても兵隊としてではなく、軍医としてでしょうけど。。Babyが生まれたばかりで少しかわいそうですが、残された僕たちもしばらく大変です。

今日は人がいないのに、たくさん手術があって、てんてこ舞いでした。
Babies hospitalを回っているフェローや、フェロー開始前の外科レジデントも借り出して、手術を手伝ってもらいます。シニアフェローのM君は2部屋を斜めに掛け持ちしていて、しかたなく1例目の手術の閉胸を外科レジデントに頼んだのですが、案の定術後出血させて、夜に再開胸になってしまいました。

僕といえば、1例目は教授秘書のお母さん(82才、AVR+CABGx3)の手術。医局の影のドンのような秘書さんから直々に指名されたのはいいのですが、朝から医局に呼ばれてプレッシャーをかけられて大変です。昼すぎには子供の小学校の父兄面談もあるし。。。
手術は非常に順調にいって、そのまま病院を飛び出して子供の小学校に行きます。面談をすましてから病院にトンボ帰り。Babies hospitalを回っているジュニアフェローのMさんが、2例目の手術(84才。AVR+CABG)を始めてくれてました。その手術のアテンディングは隣で2弁置換をしていて手が離せないので、そのまま彼女と手術を始めます。彼女はすごくやりたそうな顔をしていたのですが、カニュレーションもまだおぼつかないので、申し訳ないけどアシストに回ってもらいました。

その後はおまけで、前述の再開胸と、緊急のPericardial window。終わったら夜中の2時半になってしまいました。今当直室でブログ更新しています。
このまま病院当直で、明日は朝から木曜にしたPericardiectomyの患者さんのChest re-explorationが待っています。

週末は移植のオンコールですが、何もありませんように。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-12-02 17:04