2006年 10月 22日 ( 2 )
サブチーフ
前回のブログで忙しいとぼやいてしまいましたが、10月から合流したサブチーフのM君だけは一人元気です。

医学部に入る前にエンジニアか何かしていたらしく、幾分年は食っているのですが、トライアスロンで鍛えた体で、雨の日でも自転車通勤です。
今月待望の赤ちゃんが産まれて、赤ちゃんの世話と夜泣きで大変だと思うのですが、彼を見ていると全くこたえていないかのようです。また彼が当直の時は何故か緊急開胸などハマることが多いのですが、そんな時でも翌朝はピンピンしていて、ガンガン手術に入ってくれます。よほど体力が有り余っているのか腹筋用のマットと鉄アレイをレジデントルームに持ち込んで、暇さえあれば体を鍛えています。今週のように皆疲れている時は、本当に頼もしいタフガイです。

そんな彼ですが、今週は当直開けに上行弓部大動脈置換+3枝バイパス+下行大動脈ステント留置というヘビーな症例を執刀させてもらってご機嫌です。まだあまり心臓手術の経験のない彼にそんな大手術を執刀させるアテンディングのS先生も大したものですが、当直開けにそんな長時間の手術に嬉々として入るM君も大したものです。

写真はロックフェラーセンターの屋上から見たエンパイアステートビルです。エンパイアステートビルからの夜景が有名ですが、こちらの方がエンパイアが見えるので個人的にはお勧めです。
e0088460_1303536.jpg

[PR]
by ctsurgeon | 2006-10-22 13:02
多忙
忙しい1週間がやっと終わりました。

皆疲れていて手術に入りたがらず、ババ抜きのような状況になっています。
チーフのA君は飽和状態。4ヶ月間の症例数が200例以上になったらしいです。
木曜日の晩の心移植の連絡が手術中に入った時は「FXXK, I cannot operate any more!」とわめいていましたが、結局人がいず僕と2人ですることに。金曜日の晩のLVAD explant / heart transplantは皆激引きで、結局一番元気な僕がすることになりました。

僕自身11例。木、金はそれぞれ3例ずつ。心移植が3晩連続あってへとへとです。
こう忙しいと誰を手術したのか良くわからなくなってしまい、病棟で心停止になって緊急開胸になった患者さんも、翌日まで自分が手術した患者さんとは気が付きませんでした。その患者さんを緊急手術してくれたA君も誰の患者かよくわからないまま処置してくれたそうです。
あまり褒められた話ではありませんが、それでも何とかなっているのは、皆のチームワークのおかげでしょうか。

写真はメトロポリタン美術館の屋上庭園からセントラルパーク越しに見たマンハッタン。週末暇な時によく行きます。一回で全部回りきれるものではないので、毎回テーマを決めて少しずつ回ることにしています。でもやはり日本美術のコーナーは落ち着くので、しょっちゅう行ってしまいます。
e0088460_13231492.jpg

[PR]
by ctsurgeon | 2006-10-22 12:20