2006年 08月 15日 ( 1 )
心臓移植
日曜日は病院当直。
格好のタイミングで心臓移植手術がはいりました。

補助人工心臓が入っており、かなり癒着がひどかったけど、夜中の2時すぎに始まった手術は順調に朝8時前に終了。さすがに疲れて一眠りして昼過ぎにICUに行ったらもう抜管されてました。数ヶ月前に急性心筋梗塞で倒れ、緊急バイパス手術、人工心臓装着手術を受け合併症を乗り越えて、やっと心臓移植にたどり着いた患者さんは本当に嬉しそうです。

劇的に患者さんがに良くなってくれる移植手術は医者から見ればやりがいのある治療ですが、手術自体も僕は割と好きです。
成人心臓外科では動脈硬化でボロボロになった血管を縫う事が多く、針をかけてもかけても組織が裂けて出血が止まらず泣きそうになることがあるのですが、移植手術は心臓が若くて組織が良いので止血がしやすく、あまりナーバスにならずにせっせと楽しく縫うことができます。
心不全でボロボロになった心臓に代わって、新しく植えた美しい心臓が元気に動いているのを見ると、思わずなでてやりたくなります。

ドナーの事についても書きたい事はあるのですが、それはまたの機会に。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-08-15 08:23