2006年 07月 08日 ( 2 )
無題
6回の心臓手術をsurviveしてやっと心臓移植にたどりついた患者さん。
術後も大変な経過で、何度かアレストになったりしながらも、そのたびに蘇生されて生き延びて、やっと一般病室にあがれたと思ったら、しょうもない事でつまづいて、結局帰らぬ人となってしまいました。
本当あともう一息というところで、、何ともやるせない気持ちです。

あれから2週間たって、偶然家族の人と病院の廊下でばったり会いました。
自分が手術しておきながら急変の時に家にいて家族と話しできかったこともあり、何となく後ろめたい気持ちもあって、「このたびは。。」とありきたりな言葉しか出てこなかったのですが、奥さんは何も言わず涙を流しながらハグして来ました。
病院で世話になった人たちに挨拶に来ていたらしいです。
最近日本での医療事故ニュースのことが刷り込まれていて、「こんな時期に病院に来るのは訴訟の準備でもしているのかな」と一瞬思った自分が非常に恥ずかしく思いました。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-08 13:11
新人フェローデビュー
水曜日から新しいジュニアフェローが来ました。
以前書いたレバノン出身の女医さんです。
いきなり初日から開胸、カニュレーション(人工心肺にのせるために心臓に管を装着すること)、内胸動脈グラフト取りを教えます。
早く一人でできるようになってもらわないとこっちの負担が減らないので、「まず見て、第一助手して、それから」なんて悠長な事はしてられません。まだほとんど心臓手術に入った事もない、人工心肺の回路もあまり理解していない人に、カニュレーションをさせるのは日本的には無茶ともいえますが、これがアメリカ式なのだから仕方ありません。

いきなり初日は僕が指導係。
1例目。大動脈をメスで切開して、そこに管を入れるのですが、切開が小さくてとても入らず、慌てて血だらけで見えない大動脈にメスで切り足そうとするので、あわてて制止。結局自分がすることに。
2例目。今度は切開が大きすぎて一瞬にして血が飛び散り(大動脈に穴をあけると、血圧で血が天井まで届くくらい噴出します。)、顔面シャワー状態。途中交代。
こちらも結構ひやひやです。

彼女は3列の手術室を渡り歩き、ひたすら「開胸」「カニュレーション」「閉胸」を繰り返しています。
週2回の当直もあり、そうとうこたえているはずですが、さすがに弱音は吐きません。
頑張ってもらいたいです。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-08 12:51