2006年 06月 25日 ( 1 )
インターン。その後
前のブログに書いたインターンのことがフェローの間で話題になり、"He is decompensating."と言われていました。
簡単に言うと「壊れかけている」らしいです。

彼は前日僕と一緒に当直したのですが、確かにかなり荒れた夜でした。
病棟の患者がアレスト(心肺停止)になり、一旦蘇生したもののICUに搬送したとたん再びアレスト。電気ショッック、開胸マッサージの甲斐もなく亡くなってしまいました。全てが終わった後、青ざめた顔で呆然としている彼を見ていて「少しやばいかな」と思っていたのですが、案の定次の日ほとんどfunctionしてなかったらしいです。(僕もfunctionしていませんでしたが、それは単に体力的に復活できないだけで、彼の場合は精神的にも随分応えたらしい)。
病棟で突然泣き出したりしたそう。

医学部卒業して、いきなり心臓外科の病棟当直はやはりきついんだと思います。
(インターンは一人で50人近くの病棟患者のFirst callをカバーしています)
復活してくれればいいのですが。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-06-25 13:43