その後
クリスマスイブの移植手術は無事終了。
遠くのドナーで虚血時間が3時間半になり、心臓の立ち上がりが悪かったのですが、何とかうまくいきました。
控え室の家族に説明に行くと、大勢の人が。。
子供が10人もいるそうです。孫も入れたら何人いるかわかりません。
家族から取り出した心臓をもらいたいとの申し出がありました。
イスラエルに持ち帰って埋葬するそうです。

実は手術中に2例目の移植のオファーがあることを知りました。
今度は補助人工心臓を付けている人の心臓移植手術。
移植責任者のN先生が前立ちです。
1例目が終了して1時間後に手術開始して、終わったのは25日朝の9時。
癒着と術前服用していた抗凝固薬のせいで、結構大変な手術になりました。
前日朝から当直の締めが、徹夜の連続2件の心臓移植手術で、ヘロヘロです。

「ああやっと解放される」と思った手術終了間際に、何と3例目のドナーのオファーが。。
今年103例目の心臓移植手術です。
コーディネーターと電話で話しているN先生を見る目は少し涙目になってます。
麻酔科のドクターや看護師さん、人工心肺技師さんたちの視線もいっせいに彼に集まります。
クリスマスの日に緊急手術するよりは、家で家族と過ごしたいというのが、やはり本音です。

「アクセプトするわ。先生とM君(チーフレジデント)で手術してくれる? でも当直明けで大丈夫?」
「あ、、、はい。全然大丈夫。」
思わず座り込みそうになりました。

幸か不幸か3例目の移植手術は、その後優先順位の高かった他の病院のレシピエントに回る事になりました。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-12-26 07:54
<< 少し想い出話 クリスマスイブ >>