レバノン人女医
New junior fellowのMさん。前にも書いたようにレバノン出身の女医さんです。
両親、親戚はレバノンにいて単身でアメリカに渡り、一人でここまでやってきた強者ですが、ここ数日のイスラエルによるレバノン攻撃で、家族のことが非常に気がかりみたいです。
話によれば、両親の家の近くが攻撃され、避難しているとの事。毎日インターネットのニュースに食らいついています。
Fellow office で皆で(アメリカ人、インド人、パキスタン人、レバノン人、日本人)でブッシュの悪口言いまくりです。
そんな彼女もデビュー2週間目にして本日大動脈弁置換手術の術者をしたようです。
僕は当直開け(夜中3時まで手術してました)で、今日は早々に帰宅しました。
うまくいったのでしょうか?
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-21 13:14
<< お別れ会 アメリカの医師就職事情 >>