off pump CABG
今週は忙しくて疲れてしまいました。
毎日2例の手術。それもBeating heart CABG + mitral repair + Dor手術(医龍の最終回でしていた手術とほとんど一緒)や、David手術(大動脈弁温存基部置換手術)、コテコテの再手術など、ヘビーな症例ばかり。
どれも執刀できるから文句は言えないのだけど。

今日はバイパス手術が2例。
オフポンプバイパス手術で心臓の裏の血管(回旋枝)を縫い始めたとき。
それまで安定していた血圧が下がり始め、心臓も張ってきて、明らかに怪しい状態。
麻酔科の先生が「心臓のポジションを戻して休ませてあげたら」と言うものの、前立ちのアテンディングは「5分で終わるから辛抱して」と。
そういう時に限って視野は悪いし、だんだん心臓が弱ってくるのがわかるので、非常に焦った。そうすると、拡大鏡を通して見る視野がどんどん狭くなって行く。これには困った。
こういう時こそ、深呼吸して慎重に。。と自分に言い聞かせるのだけど、助手をしているアテンディングは焦って興奮してるし、平常心を保つのはなかなか大変でした。
案の定、吻合が終わった直後に心室細動(いわゆる心停止)、すぐ電気ショックでもどりました。間に合って良かった。。
焦って縫った割には吻合は上出来だったのが救い。
でもまだまだ修行が足らないことを実感しました。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-15 13:06
<< インターン。その後のその後 無題 >>