無題
6回の心臓手術をsurviveしてやっと心臓移植にたどりついた患者さん。
術後も大変な経過で、何度かアレストになったりしながらも、そのたびに蘇生されて生き延びて、やっと一般病室にあがれたと思ったら、しょうもない事でつまづいて、結局帰らぬ人となってしまいました。
本当あともう一息というところで、、何ともやるせない気持ちです。

あれから2週間たって、偶然家族の人と病院の廊下でばったり会いました。
自分が手術しておきながら急変の時に家にいて家族と話しできかったこともあり、何となく後ろめたい気持ちもあって、「このたびは。。」とありきたりな言葉しか出てこなかったのですが、奥さんは何も言わず涙を流しながらハグして来ました。
病院で世話になった人たちに挨拶に来ていたらしいです。
最近日本での医療事故ニュースのことが刷り込まれていて、「こんな時期に病院に来るのは訴訟の準備でもしているのかな」と一瞬思った自分が非常に恥ずかしく思いました。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-08 13:11
<< off pump CABG 新人フェローデビュー >>