Medical Examiner
日本で以前福島の産科医が妊婦死亡の件で逮捕され大問題になりましたが、訴訟大国のアメリカでさえ病院内の死亡症例に関していきなり警察、検察が介入してくる事はまずありません。手術死亡や医療過誤が疑われるような死亡症例に関しては、Medical Examinerという第三者の医師が、死因の調査をすることになっています。そういう症例は死亡したあと、チューブ類を抜く事は許されず、Medical Examinerにそのまま引き渡されます。 彼らはDoctorですが、中立的立場を取る第三者機関なので、実際医師に過失があったかどうかを客観的に判定するようです。(詳しい事はよくわかりませんが。。)
やはり医療において医師の過失というのは専門家でなければ、判断する事は困難で、全く医療に素人の検察官が「癒着胎盤をハサミで剥がしたことがけしからん」と医学的な判断を下して医師を逮捕してしまうことは、やはり異常としか思えません。
[PR]
by ctsurgeon | 2006-07-03 12:37
<< プロフェッショナル 貧乏性 >>